<   2008年 09月 ( 75 )   > この月の画像一覧

私たちはネットで出会ったから。。

 ずっとこのまま

 インターネットの恋人のままがいい。

 皺も見せなくていいし。

 おなかもぷよぷよなの見せなくていいし。

 顔が大きくても

 病気でも

 片付けが下手でも。

 料理ができなくても。

 おばさんでも。。

 インターネットだったら

 関係ないもんね。。
[PR]

by yumenanodesu | 2008-09-27 21:08

愛されている実感。。。

 どうぞこのまま。。
 ひっそりと。。

 私はときどきでいいから。。

 ほんのたまに気が向いたときに

 来てくれるだけでいいから。。

 あなたの存在を感じた時から、

 私の幸福の時が始まる。

 ありがとう。
 
 これからもずっと。。そっと。。

 気が向いたときに。。
[PR]

by yumenanodesu | 2008-09-27 21:05

なんという一日…

 ずっと寝ていました。
 ずっと寝ていましたよ。

 モンブランケーキを食べました。
 コーヒーも飲みました。

 せんべいも食べました。
 クッキーも食べました。

 そんな休日です。
[PR]

by yumenanodesu | 2008-09-26 21:16

私を愛し支え続けてくれる男達へ。。

 ありがとう。

 なにもできないけれど

 あなた達が私を支えてくれている。

 私はいつだって泣き言を言いにここにくる。

 現実が辛かったから。

 惨めだったから。

 切なかったから。

 だんだん薄ぼんやりとした明かりが

 遠くから照ってきて

 細い一筋の光が

 私の下に照らされました。

 やがてその光は

 時とともに

 だんだんとゆっくりとはっきりと

 明るく燈って

 私の肌を照らしていきます。

 私は自分があまりに年を取って

 肌に皺ができていて

 シミもできていて、

 気づいたらこんな大人になって

 いたことに今更気づかされて

 初めて自分の姿を見た時のように

 驚きを隠せません。

 私の始まりは

 病気でデブで肌が皺だらけでシミもいっぱいあって

 ワーキングプアで手に職もなくてお金も家もないけれど、

 確実に光の色は濃く鮮やかに照らされるようになって

 私の成長などおかまいなしに

 だんだんとはっきりとくっきりと

 私の輪郭を照らし出そうとしています。

 私は外見だけでなく

 中身もこれから詰め込まなければなりません。

 私の封印されいた29年間を取り戻すべく

 これからは詰め込み勉強を頑張ります。
 
 いつの日か日に照らされている姿を

 お披露目できたら

 そんなに喜ばしいことはありませんが

 あなた方が私の成長に一役買ってくださったことは

 永遠にあなた方の心にしまっておいてください。

 私たちは心で繋がっています。
[PR]

by yumenanodesu | 2008-09-26 01:50

愛し合う男とは結ばれない

 もしもそんな掟があるとしたら。。

 恋をたくさん重ねても

 結ばれた男は一人だけ。

 どんなに深く愛し合っても

 私たちは手すらつなぐこともないまま

 切ない思い出だけ心に残る。

 私の恋はずっと

 それの繰り返し。

 結婚して子どもが生まれて

 幸せな家庭生活を送っていても

 私を愛してくれた男達が

 ずっと私を支え続けてくれる。

 私のプライドがずたずたに

 引き裂かれても

 あの時愛してくれた男たちの

 存在が私を勇気付けてくれる。

 
[PR]

by yumenanodesu | 2008-09-26 01:42

風貌はおばさんなんだけどね。。

 外見の女磨きにとことん疎い。。

 よってすっかりおばさんです。。

 でも心は女。。

 何歳になっても捨てられない。。

 もっと外見磨きを楽しむ感覚が芽生えたらいいのにな。。

 「人に堂々と見せられるくらいになれ。」

 はい。。
[PR]

by yumenanodesu | 2008-09-26 01:40

気分転換に散歩がイイ!

 最近そういえば全然歩いていない。

 風が足りなかったんだ。。

 明日は風を浴びよう。そうしよう。
[PR]

by yumenanodesu | 2008-09-26 01:28

たぶんそれは恋じゃない

 時差による錯覚。。

 私を愛したかもしれない男。

 私が勝手にそう感じただけ。。

 相手が突然に消えたから

 私は混乱してるだけ

 たぶんそれは恋じゃない。

 私たちが愛し合ったのは一瞬。

 それだけは本当のこと。

 恋じゃない。

 お互い惹かれ合ったのは本当。

 でも恋じゃない。

 彼を愛したのに理由などない。

 愛に理由などいらない。

 どうして?

 ひろゆきだからなの?

 だれかに聞かれたけど

 答えられなかった。

 答えなど無いから。

 銀杏がひろゆきさんであろうが

 なかろうが

 あの時私たちは一瞬だけ

 愛し合った。

 それだけは本当。

 闇に葬られた感情。

 今はもう思い出しかない。
[PR]

by yumenanodesu | 2008-09-26 01:26

この秋に…

 銀杏が再びゆめのブログに光臨してくれることを願う
[PR]

by yumenanodesu | 2008-09-26 00:55

ゆめの感覚で言うと

 うつだべさんはうにゃじゃないと思う。

 雰囲気がもう少しオトナな気がする。
[PR]

by yumenanodesu | 2008-09-26 00:54