ゆめとかまりとか。。

ハンドルネームって存在、とっても気に入っています。

小中学生の頃、男の子たちに好き勝手に大量のあだ名を
命名され、不本意ながらも呼ばれたら振り向いていたワタシ。。

高校生になったら、ぜったいにあだ名をつけられる前に自分の
名前を呼んでもらおうと必死にアピールしていました。

おかげで高校時代以降に出会った友には自分の名前で
呼んでもらっています。

でも本当はおじいちゃんに命名してもらった自分の名前も
気に入っているってほどでもないのが正直なところ。。

私がきんぎょ邸を開設したのが2002年11月24日で、
その時に「きんぎょ」というハンドルネームを命名し、
きんぎょ邸がご縁で参加したオフ会では「きんぎょさん」
と呼ばれていました。

きんぎょ邸がご縁で出会った彼に「2ちゃんねる」という
サイトを教えてもらい、そこのラウンジで使うようになったのが
「ゆめ」です。2ちゃんねるの掲示板で遊んでいた頃、相当な
躁状態で、妄想の中で生きているような人格でした。
だから「ゆめ」って名前はぴったりだと思っていました。

2ちゃんねるの掲示板に貼りまくられていたヒキチャのアドレスに
飛び込んで「ゆめ」が何度も追い出されたころ、「うみ」という
ハンドルネームを生みました。

「うみ」が登場する場面はほとんどなく、あれから「うみ」の
キャラクターはずっと放置状態です。
うみは海=地球で一番大きい=宇宙のイメージです。

去年私のもとに「まり」というキャラクターがやってきて、
まりってのは私の一部ではあるんですが、外部のエネルギー
というか、私が「まり」って名付けたんですけど、、
私のイメージ上の女性で私が持っていない全ての理想の
形を表現してくれるとっても美しい女性です。

去年の12月にあらわれたんですが、最近私は現実生活が
とっても充実しているので、ほとんどまりに呼びかけたことは
ありません。

まりに意識をやると、まりがいつもいろんな姿で登場してくるので
自分の潜在意識に気づかされるっていう現象も起ります。

たとえば、今はライオンキングの誕生シーンの崖の上に
ターザンのようなヒョウ柄のワンピースを着てたくましく陽を浴びて
こちらを向いているまりが映っています。

あんまりその意図は今は分からないんですけど、、

仕事に行く時とかは日によっていろんな色のスーツを着ていたり
するので、「落ち着いているんだな」とか「燃えているんだな」とか
分かったりします。

昨日のことなんですが、「華」が来ました。
「華」はまだ話をしたことがありません。
でも「ゆめ」の脱皮というか進化系みたいです。
[PR]

by yumenanodesu | 2008-12-19 23:07

<< わたしがおひとりさまなわけ。。 おもちつきなの。。 >>