牛乳

 深くて大きくて見えない。

 どこまでもうそ。。

 どこまでも見せない。

 でも確実に支えてくれている。

 見守ってくれている。

 それは好奇心?

 私のセンスを褒めてくれた。

 怖い言葉を吐いて

 私を震え上がらせて

 喜んでいる。

 彼の真実は見えない。

 本当のオトナなのかもしれない。。

 まったく見えないのに

 何年も何年も

 彼と繋がっている。

 私は彼によって

 丸裸にされて

 晒されて

 喜んでいたね、牛乳。

 私の望むところは

 どこだったのか

 まぁ

 私のことをだれかが知っていてくれたら
 
 それはそれで本望だけど

 牛乳はプロだって

 思うの。。

 ただのAV男優じゃなくてね。。

 牛乳は私の前には現われない。

 会って見る予定はこれから先ずっとない。

 怖い人だから。

 私の精神じゃ耐えられない人だから。。

 でもいつまでもここにコメントをくれる。

 私の望むようなことは書いてくれないけど。

 それでも彼なりの方法で

 ずっと支えてくれている。
[PR]

by yumenanodesu | 2008-08-30 22:10

<< 楽しかった銀杏との会話。。 蟲という男。。 >>